スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
トーナメント・リベンジ
先の話しになりますが、7月4日(水)に仲間内で久々のトーナメントを実施しました。

写真11
 S・Sスピンで37cmとか

みんな気合入りまくりで当日を迎えましたが、お昼頃からの高気圧の張り出しの影響か?ボーズこそ誰もいなかったものの釣果的にはみんなイマイチ?の結果で終了。


若干、欲求不満が残るトーナメントだったかな。



で、


欲求不満を晴らすべく、



翌週独りでリベンジしてきた。






トーナメント時のシュミレーションではスピナーベイトをメインに使い、ヘビーテキサスの葦撃ちでプリプリのデカBASSをゲットする予定でした。

が、葦撃ちが不発で全くのノーバイト。
一緒に回った雨男くんが狙い通りの1本を手にしたのが唯一の救いかな。

スピナベには絶対的な自信があったので、逆にスピナベ以外での釣果が欲しかった。

そんな訳で、12日の単独リベンジ釣行(略して゛独釣〝)ではワッキーやネコリグなどのワーム主体の釣りを心掛け、極力スピナベを使わないスタイルを通そうと考えていたんです。


朝一番に入った場所は・・・

写真 12  写真 11

霞ヶ浦水系でも超有名な水路。
水がクリアで見えBASSがたくさんいました。

とりあえず、(余裕しゃくしゃく)
ゲリヤマセンコーのワッキーで水面から中層、フォーリングやズル引きなどを試すもノーバイト。



じゃあってんで、(ちょっと焦り気味)
ゲリヤマカットテールのワッキーやネコリグでくまなく探るもギルバイトのみ。



かる~く本気で、(いやかなり本気)
禁断ワームの3gライトテキサスや5gテキサスで縦断爆撃してもチェイスすら無し。


なにこれ?


見えBASSいっぱいいるし、時折ボイルってるし、下流側に入った人は2~3本釣ってるし(大汗)
いやいや、腕の無さなのは重々承知してますさ、でもな~

ちょっと試しにS・Sスピンを投げてみたら・・・

写真 5
小バッチゲットだぜ

1投目で釣れた。今まで散々攻めたのに。



写真 8 写真 7


次の場所は葦の超密集地帯。
ここをヘビーウエイトのテキサスでバシバシ撃っていく。前回雨男くんが葦のど真ん中からBASSを見事に引き抜いたが、ハンパなタックルじゃここは攻められない。
BSR1653FのロッドにPE5号の組み合わせ、14gのシンカーにABホッグのヘビーテキサスだ。

5感を研ぎ澄まし、手元に神経を集中させ次々と葦中を撃っていくと・・・


なにも起きません(汗)



今日はダメかな~と帰りがけにS・Sスピンを橋脚際にキャストすると、

写真 6
レギュラーゲットだぜ

また1投目で釣れた。

釣れないよりはマシなんだけど、なんだかな~って感じ。



最後の希望地、閘門公園に向かう。

写真 2

この頃から風びゅーびゅーになってきてたけど、ここは結構ブロックされるので安心できる。
メガバスのよく判らないワームをネコリグにセット。
門際に落としてジッと待つ。

コンコン!

キタ━(゚∀゚)━!

写真 3
 うわ~…(汗)


ここも見えBASS多数でかなり粘ったのですが、バラしたり釣れても20cm未満だったりでイマイチ。
午前中に撤収したかったので、後ろ髪引かれつつ終了としました。


写真 1
 ここは鉄板だな…

帰りがけにサクッとレギュラーサイズが1本釣れたけど。


スピナベでね。




数はまあまあだったけど、

やっぱり不満の残る釣行だったなぁ…




写真 4
 帰りは高速スイスイ
BASS釣りネタ | 13:14:32 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。